オーガニック小麦は冬の農場で元気だけど・・・?

| | コメント(1)

金沢大地の有機農場のスタッフが首をかしげていました。

今シーズンは、なぜか鴨が少ない。
どうしてだろう?

例年の冬は、農場のある河北潟干拓地には鴨の群れが舞い降りる。
そして水の豊かな河北潟を渡る大橋の上から、大量の鴨たちが羽を休めているのが見える。
・・・・はずなのに、今年はなんとも少ない。
大橋の上から見ても、鴨たちは数えられるくらいしかいない。
『うわーっ!今年もたくさんいるなーーー 種まきした麦を全部食べないでくれよー』
と思うこともない。
あらー、浮気してどこか他の池や潟に行っているのかしら~?


オーガニック小麦とオーガニック大麦は、今は青い小さな苗。
今日は雪。重くベタっとした雪が降り続き、麦の苗にも降り積もる。

コメント(1)

3月になってから農場や河北潟近辺に行ってみたら、いっぱいカモがいました。どこかに寄り道していたのかな?
農場のスタッフとお話していたときは、たまたま鴨たちを見かけなかったのかも。
鴨や鳥の観察には、河北潟周辺はなかなかおもしろい場所のようです。

あぐりハグハグ
金沢大地
井村辰二郎のブログ
金沢大地つれづれ日記

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30